保健師の募集先の種類

保健師の募集先の種類

保健師の就職先はさまざまです。ただ、どの職場でもいえることは業務が幅広いということです。また、いろいろな業務をこなすということはそれ相応の知識も求められるということになります。ほぼ研修なしで現場に飛び込んでそこから学ぶ姿勢や、戦力になることを求められる場所でもありますから、シビアといえばシビアかもしれません。

では、具体的に保健師の働く場所にはどのような場所があるのでしょうか?現在働いている多くの保健師はなにかしらの形で行政機関に関係する場所で働いているといわれています。全国にいる保健師のうち、3万人は行政機関で働いています。これは保健師全体の8割にも及ぶ数になっています。行政機関の募集先としては、都道府県の本庁、保健所、市区町村の保健所、保健センターなどの場所があります。

行政機関以外の場所だと、病院や福祉施設などの医療施設、企業、そして学校などがあります。企業では従業員の健康管理やその他の庶務、学校では学保健師(所謂保健室の先生)、医療機関では健康指導などを担当することが多いようです。

このように活躍の場が広いように見える保健師ですが、実はその採用人数はそう多くはありません。その理由は保健師の定着率の高さに由来しています。特にこれは行政機関にいえることですが、一度保健師として就職した人というのは離職しにくいのです。なぜなら、行政機関に勤務するということは公務員として社会的身分が保障されるからです。もちろん、そこには働きがいなどもあるのでしょうが、やはり一番の理由はここでしょう。企業などの場合はリストラがあるかもしれませんし、学校保健師も安定しているとはいえ絶対とはいえません。ですが、行政機関であればよほどのことがない限り、その職を失うこともありませんし、非常に安定しているといえます。看護師のように多忙で時間も不規則…ということもなく、その上待遇もよく給料もしっかりもらえ、休日がきちんとあって常にほぼ定時にあがることができる。これだけ条件が揃っていたらやはりそこを選ぶでしょう。

現在、保健師の数はいるものの、なかなか新卒で就職するというのは難しい状況のようです。やはり、ポジションがあかないと就職はできませんから、ある意味競争になっているのかもしれませんね。新卒で就職できる人は運がよかったか、それともタイミングがよかったか…いずれにしろ数は多くありません。

「保健師として働きたい!」と思ったら、まず徹底的にどういう就職先があるのかを調べてください。その上で自分はどのような保健師になりたいか、どのような仕事をしていきたいかを考え、そこにあてはまる場所をピックアップしましょう。それから今度は待遇のことや職場環境、将来性の有無や通勤時間などを考慮して、就職したい場所を絞っていきましょう。そしてある程度妥協できる部分は妥協し、できるだけ数を応募してみましょう。

保健師の仕事は、ある意味ハードです。現場で知識を身につけることが多くなりますから、継続的な勉強も必要になるでしょう。ですが、その分満足度も高い仕事ですから、やりがいを見出すことができる仕事でもあるといえそうです。

保健師求人サイト人気ランキング