保健センターの保健師求人

保健センターの保健師求人

行政保健師の働き方として一般的なものの一つに、保健センターでの仕事があるでしょう。市町村での保健センターは市町村レベルで住民の健康管理を扱う非常に大切な場で、特に母子保健や老人保健の分野では重要な役割を担います。

 

保健センターの業務内容は幅広く、この機関に関する法令の「地域保健法」でもいろいろなことが定められています。
母子保健や老人保健だけでなく、健康検査や環境衛生、地域での健康保持増進の啓発活動なども大切な役割です。精神保健(メンタルケア)なども、地域において重要な役割を担います。

 

保健センターは市町村の機関ですから、正規職員は完全に公務員という立場で仕事をすることになります。新卒で市役所に採用される方も、この保健センターで勤務します。

 

ただ、空きが出ている場合には正職員ではなく臨時職員という形で募集をかけられることもあります。公的機関なので福利厚生などはよく、基本的にカレンダー通りに仕事ができる安定した職場ではありますが給与は必ずしも高いわけではありません。財政の厳しい自治体での臨時職員であれば、民間よりも給与が低いということは十分考えられます。

 

この保健センターで働く保健師の方にとって、やりがいはやはり住民の方と直接触れられるということになるでしょう。直接住民の方と接する業務は多く、健康改善に寄与できる各種教室もたくさん開かれます。

 

中には保健師の方たちが主体となって、住民の健康増進に関する各種企画などを立てることもあるでしょう。市町村のために働きたいという思いが強い方にとっては、非常にやりがいのある職場となります。

 

保健センターでの勤務にはいろいろな経験・資格が役に立ちますから、今まで保健師として勤務してきた方には転職するチャンスは十分あります。予防接種の実施なども保健センターの業務に含まれますから、看護師としての経験も生きてきます。キャリアプランニングについて、転職コーディネーターの方に相談されるのもおすすめです。すぐに保健センターでの勤務ができない場合でも、ステップアップにつながるキャリア形成・転職の助けとなることもあるでしょう。

 

保健センターの職員募集は、主に各市町村の保健センターのホームページから見つけることになるでしょう。

 

定期採用の他、中途採用を随時募集している自治体もあります。随時募集しているところは多くの場合非常勤・臨時職員ですが、将来正規職員として働くチャンスがあるところもあります。

保健師求人サイト人気ランキング