訪問介護ステーションの保健師求人

訪問介護ステーションの保健師求人

福祉介護には24時間365日いつでも変わらぬニーズが求められ、今はそれに対応した様々な施設がつくられています。まだまだ施設数は完全に足りているとはいえないかもしれませんが、徐々に整備が進められています。そのうちの一つが訪問介護ステーションで、利用者のお宅で24時間連絡がつく状態で必要な時に介護や処置が行えるようにするための施設です。

 

この訪問介護ステーションも保健師の方が在籍して働く可能性がある職場ですが、スタッフの多くは介護ヘルパーの方です。介護業務のほとんどはヘルパーの方で対応できるものであり、保健師という資格を生かして業務を行う場面はそれほど多くないかもしれません。

 

それでも高齢者のご家族の方に健康についてのアドバイスを送る、適切なケアや衛生管理が行われているかチェックを行うといったことは重要です。訪問介護ステーションで働く保健師の方は、主に間接的にではありますが非常に介護で重要な役割を果たすことになるでしょう。

 

訪問介護ステーションは24時間体制であるため、保健師の方も夜勤に入ることは十分考えられます。

 

休日も平日だけではなくなるため、そういった勤務体制については理解した上で勤務に臨む必要があります。そのかわりスタッフが基本的に交代制、時間がくれば代わりのスタッフがくるということで残業が発生することは少なめです。働き方も正規職員として働くだけでなく、パートやアルバイトで働く方が多いです。複数の施設でパート・アルバイトとして働いているスタッフの方もいらっしゃいます。

 

訪問介護ステーションへ転職したい、もしくは転職を考えているという方は転職支援サービスを利用することがおすすめです。転職支援サービスではライフスタイル・希望する仕事内容に応じて登録者に適切なアドバイスや求人の提案を行ってくれます。資格を生かしてアルバイトやパートとして働きたいという希望にもこたえてくれますので、フルタイム希望でない方もご利用いただけます。

 

施設によって大きく異なる仕事内容や勤務条件などを、事前にエージェントの方を通して下調べできるのも大きなメリットとなります。保健師の方は介護の職場だけでなく、一般企業から学校など公的機関まで様々な場所で働く可能性があります。

 

当然それぞれ求められる職歴や経験、その仕事場でどんな役割が求められるかが変わってきます。そうした情報をあらかじめ頭に入れて転職することで、職場とのミスマッチは非常に少なくなります。

保健師求人サイト人気ランキング