企業の保健師求人

企業の保健師求人

保健師という資格が生かせる仕事の1つに、企業保健師というものがあります。
直接企業に採用されるため、待遇としてはその企業の「社員」という形になるでしょう。そのため給与や休日などの待遇についてはまちまちで、大企業の保健師であればかなりの高待遇も期待できます。

 

ただ、この仕事はあまりハローワークなどの求人市場でお目にかかる機会は多くないと思います。専門性が高い職種であるため、コンサルタントの所属している転職支援サービスなどを通して募集が行われることが多いです。

 

企業保健師の業務内容ですが、業種などによってかなり大きく左右されることになります。
工場など「現場系」の仕事であれば、怪我の手当てといった役割も多く求められることになります。看護師として勤務されていた経験があれば、その職歴はプラスに作用するかもしれません。

 

人を多く使う「労働集約産業」の企業であれば、社員の健康管理が何よりも求められることになります。健康診断の結果をもとに社員にアドバイスを行ったりしていくことが必要なので、コミュニケーション能力が非常に求められるでしょう。メタボリックシンドロームなど、社員の生活習慣病予防も企業保健師が力を発揮するたいへんやりがいのある仕事です。

 

最近は企業もメンタルケアを重視するようになっていますから、こういった方面についても明るい方は歓迎されやすいです。
うつ病が労災として当たり前のように認定されるようになっていますから、企業としてもうつ病はできるだけ早く気づきたいと願っています。このメンタルケアとしては直接うつ病の疑いがある社員に接するというより、管理職の方々にアドバイスを送るといったことが考えられます。

 

企業によっては、事務作業も他の社員同様求められることになります。健康診断結果の取りまとめなど、社員の健康管理に関する仕事が任されることがあるため普通の「サラリーマン」的な仕事をする可能性も多いでしょう。「保健」以外の仕事まで幅広く求められるようなケースはほとんどないと思いますが、仕事内容については確認したほうがいいでしょう。

 

企業保健師の場合、若い方でもなれますが多くの経験を積んだベテランの方が採用されやすいということもあるようです。どういった経歴をふめば企業保健師に近づけるかは、専門の転職コンサルタントの方などに相談するといいでしょう。求人情報量の多い転職支援サイトならば、希望に沿った転職先の紹介も受けられます。

保健師求人サイト人気ランキング