保健師の給料・昇給

保健師の給料・昇給

保健師資格試験に見事合格し、保健師となったあと、気になるものといえば給料のことではないでしょうか?保健師として働いた場合、どのくらいの給料を手にすることができるのか。誰でも気になるところではありますよね?実は保健師というのはさまざまな種類があり、企業の一員として働く産業保健師というものもあれば、行政の中で働く人もいますし、学校保健師となることもあります。公務員に該当することもあれば、サラリーマンと同じ分類に該当する場合もあるという、勤務形態が幅広い職業でもあります。

そして、勤務場所が変われば当然給料も変わってきます。それぞれの勤務場所での給料を見てみましょう。まず、公務員として保健師の仕事に就く場合。これはほとんど役所などに勤めることが多いでしょう。この場合は、行政職としての給料であったり、医療職の給料であったりとケースはさまざまありますが、大抵の場合初任給で20万円前後になります。都道府県や市区町村の職員なら1年に数か月分の期末手当がつきますので、これがボーナスになります。企業などに就職する産業保健師のばあは正社員なら22〜27万円程度初任給が出るようですね、派遣やパートといった勤務の場合は時給2200円程度のようです。ボーナスの有無に関しては企業によってケースが異なります。また、学校保健師の場合は公立学校か私立学校かによって給料に大きく差が出ることもあるようです。

では、昇給についてはどうでしょうか?行政機関に勤務している場合は、定期的に昇給が行われますので安定しているといえます。民間企業にて産業保健師として勤務している場合や病院や福祉施設に勤めている場合も、その企業や施設の規則に則って定期的に昇給が行われます。また、昇進によって昇給が行われることもありますが、これに関してはなかなか狭き門のようです。行政に勤務している場合、スキルを学び、ステップアップすることは非常に大切なことですが、スキルアップしたとしても、昇進試験に合格しなければ昇進自体することができません。さらに、長く勤めている人が多くいるために、役職のポストもなかなか空きません。そのため、昇進ができないのです。これは離職率が少ないがために起こってしまう現象です。民間企業の場合は、成績、実績などにより昇進するチャンスがあります。ただし、保健師が大きなポストにつくということはあまりなく、例えば保健に関する課などに勤めている場合、そこの責任者になる、というくらいのもののようです。

昇進はしにくいけれど、給料の安定している場所を選ぶか。 昇給率こそ期待できない可能性もあれど、昇進のチャンスに恵まれている場所を選ぶか。 全ては保健師が「どのように働きたいか」「将来はどうなりたいか」というビジョンに負かされてくる部分でしょう。

保健師求人サイト人気ランキング