保健師の仕事内容

保健師の仕事内容

保健師の仕事は、基本的には「人々の健康管理と健康増進」に関する仕事をしていくことになりますが、厳密にいうと働く場所によってその仕事内容が異なってきます。保健師には3つの種類があり、それぞれ「地域の保健師」「学校保健師」「産業保健師」と呼ばれています。この3つの仕事内容の違いを見ていくことにしましょう。

まずは「地域の保健師」。これは公務員採用試験に合格した人のみがなれるもので、主な仕事は地域へ貢献することですので、公民館などで健康教室などを開くこともあります。しかし、どこに配属されるかによっては大きく仕事が異なることもあります。母子福祉なのか、老人福祉なのか、それとも健康相談担当なのか、関係機関との調整係なのか…場合によっては役所内での手続き係となり、保健師ですが、通常の公務員のような仕事をすることになることもあります。

次に「学校保健師」。これは所謂「保健室の先生」です。養護教諭と呼ばれるこの仕事は、学校に通う生徒やときには保護者を相手にすることもあるでしょう。主な仕事は体調を崩してしまった生徒や怪我をしてしまった生徒の面倒をみることや、学校で行われる健康診断や身体検査などの補助などです。また、学校の方針にもよりますが、生徒を相手に保健指導をしたり、メンタルケアなどを行うこともあります。これも大切な仕事なのです。

最後に「産業保健師」。これは、企業に属し、その企業の指示に従い仕事を行う保健師です。その主な仕事は、その企業に勤める従業員の健康管理、健康対策、健康相談などが挙げられます。最近はストレス社会ということもあり、従業員のメンタルケアなどを求められることもあります。そうした対策などを考えるのも、保健師の仕事であり、高いコミュニケーション能力も求められる時代になりつつあるといえるでしょう。

また最近では、企業の健康管理センターに勤務する場合もあったり、ひとつの企業を相手にするのではなく、いくつもの企業の業務を担うコールセンターなどに勤務することもあるようです。

保健師の仕事も日々、変わりつつある部分があります。しかしながら、根本にある「健康を守る」と言う部分に変わりはありません。どのような仕事を任せられたとしても、「保健師」であることに責任と誇りを持って、仕事に従事しましょう。

保健師求人サイト人気ランキング