保健師の就職活動の心構え

保健師の就職活動の心構え

保健師は、どこに勤務する場合でも責任が伴うことが多くあります。ですから、就職活動をするときもそれ相応の心構えをしておかなくてはいけません。今回は、特にしっかりと心構えをもっておかなければならない産業保健師と学校保健師に絞って少々お話しましょう。

産業保健師が持つべき心構えとはずばり「企業経営」の視点を持つことでしょう。産業保健師は、その企業で働く従業員の健康管理や健康・保健指導からメンタルケアなど多岐に渡る仕事をこなさなくてはいけません。この健康管理や保健指導によって従業員のモチベーションを保ち、企業成長を促し、ひいては企業が社会と連動して発展していく、という大局も見た仕事が必要になるでしょう。また産業保健師はその企業とつながりのある企業との連動やその他庶務をこなすこともあります。ですから、電話対応やメールの受け答え、敬語などの言葉の使い方、企業のルール、暗黙の了解などなどそうしたビジネスマナーの基本もしっかりと身に着けておきましょう。

次に学校保健師。学校保健師はいわゆる保健室の先生です。保健室にきた急病人や怪我人を手当てするだけが仕事のように思えるかもしれませんがそうではありません。学校保健師は生徒だけでなく教職員の健康管理もしなくてはなりません。また、怪我や病気だけでなく心の問題を抱えた生徒がくることも多々あります。そうした生徒がきたとき、悩みを聞きそしてアドバイスをするという高いコミュニケーション能力も求められてきます。さらに、健康指導などを行う際の指導力というものも必要です。基本的に学校保健師というのは直接授業を行うことはありませんが、場合によっては保健体育の授業の一環などで指導を行うことがあります。他にも健康診断の際の補助や校内の衛生管理なども必要になります。非常に細かい心配りや多岐に渡る業務をこなせるだけの気力がなくてはならない仕事であるといえるでしょう。

そしてどちらにもいえることは「保健師である」ということに誇りをもち、堂々と仕事をするということです。指導する側が萎縮していては何もできません。まずは「私は保健師をやりたい」という意志をしっかりと持って、自分にあった職場を見つけられるようにしていきましょう。最近は非公開求人も増えつつありますから、転職支援サービスなどもうまく利用して、ミスマッチを防ぎましょう。

保健師求人サイト人気ランキング